注文住宅の設計でこだわりたいキッチン

注文住宅の設計でこだわりたいキッチン

注文住宅で住宅を建てる時のキッチンは毎日使うものなので、こだわりをもったものにしたい方も多いです。
選ぶ時に重要なのは動線で料理を作る方が動きやすいかを確認することが重要となります。
動線を意識すると毎日家族のために作る方の負担が軽減するのです。
料理を作る時にはフライパンや鍋を取り出したり、冷蔵庫から食材や調味料を棚から出したり、食器棚からお皿を取り出して、出来上がったものを運びやすくなります。
カウンタータイプや独立型タイプ、壁付けタイプなど種類がありますが、特にカウンタータイプはおすすめです。
料理を作っている時も子供が見える状態なのと、カウンターに出来上がった料理を置くことができるので、わざわざ運ぶ必要がなくなります。
特に小さなお子様がいる時にはおすすめです。
上部に収納スペースがあるのが多いですが、取り除くことで開放感を感じられるものになります。
こだわりのあるキッチンにするには料理を作ることも必要なことですが、掃除をしやすいものを選ぶのがいいです。
注文住宅では収納スペースがあり周りを片付けた時にすっきりしている方がいいという方も多くなります。

注文住宅で間取りのレイアウトはどのように決めるべき?

自由設計の注文住宅であれば、間取りについても自分たちの希望やニーズに合った、理想的なレイアウトにすることが可能です。
ただし思いつきで決めてしまうと、完成してから使いにくかったり、見た目が気になるなど、何かと後悔することにもなりかねません。
そこで注文住宅の間取りについては、レイアウトの決め方をあらかじめ知っておくことが求められます。
まず家全体の間取りをイメージすること。
こうすることで間取りの大枠を決めれば、その後の具体的な設計がスムーズになるはずです。
もしイメージが湧かないならば、ハウスメーカーのサイトで事例を見たり、折込チラシやインテリア雑誌を参考にするのもよいでしょう。
さらに住宅展示場やショールームへ足を運べば、もっと明確かつ具体的なイメージづくりに役立つかもしれません。
間取りの大枠が決まれば、次に具体的に個々の間取りを考えていきます。
この際には、家族構成や生活パターンをよく見極めることが大事。
例えば子育て中ならば、キッチンの配置は子どもの様子が常に観察できる対面型にしたり、大人数の家族構成ならば大容量のファミリークローゼットを、また来客が頻繁にあるならリビングと客間を一体化して広く見せるなど、様々な工夫が考えられます。