注文住宅の建築を建てるなら参考にしよう!豆知識を活かして理想のマイホームを実現!

夢のマイホームとの呼び声が高い注文住宅は多くの人々の憧れの住まいです。
それは施主やその家族の希望を隅から隅まで聞いてもらうことができ、それを実現させ建築することが出来るからです。
建売住宅と異なり、一切の妥協なく建築することも可能なのです。
その反面こだわりが強いと、コストがかかってしまうのが難点とも言えます。
当サイトではこの問題となるコストをどうやって削減するか豆知己をご紹介します。
当サイトが皆様に役立つことを願ってやみません。

注文住宅の建築を建てるなら参考にしよう!豆知識を活かして理想のマイホームを実現!

注文住宅は会う米の中でも最も自由度の高いマイホームとして有名です。
設計士や職人にダイレクトに希望を伝え、それを即座に具現化して建築する五事ができます。
しかしこだわりが強いとそれに正比例して費用も高くなっていくんです。
そこで注文住宅では窓の数を減らしたり、凹凸の少ない外観にする工夫も必要です。
そもそも延床面関を狭くしたり、外構やエクステリアも策を設けずに植樹で代用するのもお勧めです。
そして豆知識として最も紹介したいのは、自分でできそうな壁紙貼りなど自分でできる箇所はDIYしてコストカットを図っていくと良いでしょう。

注文住宅の平均的なスケジュールは1年から1年半

注文住宅を建てたいけれど、何からどう始めればよいのでしょうか。
ここでは、注文住宅の平均的なスケジュールを紹介します。
まずは、予算を決めるところから始めます。
注文住宅なので土地と建物を別に購入することになりますが、総額いくらまでの家なら買うことができるのかという予算決めはとても大切なことです。
住宅ローンを組む場合は特に、毎月いくらまでなら返済できるのかということを考えて決めます。
その予算決めは早くて着工の6か月前、遅くても15か月前が多いです。
次に土地を探して購入するのですが、周囲環境だけでなく建蔽率や容積率もチェックする必要があります。
専門業者に相談しながら探し、気に入ったところがあれば契約をします。
土地が見つかったら、家を建ててくれる建築会社を探します。
住宅展示場に行ったりネットで調べたりして慎重に選ぶようにしましょう。
会社が決まれば土地の調査をしてから依頼者のヒアリングをしてプランの作成にかかりますが、それが着工の約4か月前です。
プランに納得できれば仮契約をし、地盤調査をした結果良ければ詳細の打ち合わせをして見積書を提出してもらい、OKなら本契約をします。
そのあと住宅ローンの申請と建築確認申請書を提出し最終決定をするのが着工の3週間ほど前です。
このように注文住宅の購入を考えて着工するまでは、1年から1年半を要します。

注文住宅の見積り書で確認すべきポイント

購入しようとしていた注文住宅を手に入れる場合、闇雲に見積りなどを見ていても仕方がない部分があります。
これにはしっかりとした正しい見方と言うものがあり、それに則ってみることが必要になるわけです。
具体的にどのような風に気をつけたら良いかと言えば、よくわからない項目がある場合です。
よくわからない項目がある場合には、その項目を無視はしないほうがいいです。
しっかりと、説明をしてもらい、具体的な内容を把握することが重要になります。
もしかしたら、払わなくて良いお金を支払っている可能性もあるかもです。
そもそもそのようなことをする会社ならば、契約をする必要はありませんがとにかく事前にいちど話を聞いておくのが良いかもしれません。
話を聞いて確認をした上で、納得できる部分であればそのまま注文住宅の契約をしてみても良いかもしれません。
しかしそうでない場合は、一旦待った方が良いといえます。
いずれにしても、思いつきで決めないことが大事です。

注文住宅の自己資金は住宅購入価格の20%が目安

注文住宅を購入する時に気になるところは、頭金をどのくらい入れるのかということです。
若い世帯なので、頭金を準備できない人もいるかもしれません。
実際に購入価格に対して、どのくらい準備した方が良いのかという目安は10%~20%です。
多く準備できる場合は20%程度用意をしておくと、返済額が抑えられます。
多くの世帯は、この目安の範囲内に設定していることが多いでしょう。
それでは、自己資金をどうやって準備するのかというと、自分の貯金もしくは親からの援助の2パターンになります。
両方とも獲得できれば、さらに良いことです。
例えば、3000万円の注文住宅を購入する場合ならば、自己資金額として300万円から600万円ぐらいが良いところでしょう。
ただし、自分の貯金から捻出する場合の注意点は、貯金の全てを頭金として入れるのは止めた方がベストです。
入居した後に何らかの理由でお金を要する可能性が捨てきれないため、貯金額を多少残しておいた方が安心できます。

頭金で返済額が変わる注文住宅の住宅ローン

注文住宅を購入する場合には、住宅ローンを使用することがほとんどです。
ローンを使用する場合には、多くの人が頭金を準備します。
頭金は自己資金の一部なので、それを出すのかどうかを申込者は自由に決めることが可能です。
場合によって自己資金額が無くでも利用可能です。
しかし、頭金をどのくらい出すのかによって返済額が大きく変わってくるので、なるべく出した方が良いでしょう。
例えば、4000万円の注文住宅を購入した時に、自己資金額が無い場合は元本に当たる4000万円に加えて、元本にかかる利息も併せて返済する必要があります。
それに対して、頭金を1000万円出すだけで返済額が3000万円で済み、それにかかる利息も小さくなるはずです。
注文住宅を購入する時に、少しでも返済する額を小さくしたいと思っている場合は、ぜひとも頭金を少しでも出すように心掛けてください。
家族のライフスタイルを考慮に入れながら自己資金額を決めましょう。